クレジットカードの選び方ってわかってます?

種類の多いクレジットカード。この中から自分が利用するべきカードを見付けるにはどうすれば良いのでしょうか。
ここで単純にポイント還元率などから選ぶこともできるものの、もっと幅広い観点で自分にぴったりのカードを選んで使い始めたいものです。どのカードを使うべきなのかは誰かが教えてくれるものではないので、しっかり自分の判断で申し込む必要があります。
しっかりポイントプログラムやマイレージプログラムを比較してから自分の生活の中にカードが組み込まれた場合どうなるのかの予想をしてみて、ある程度の未来の様相に目星を立てておきましょう。


《クレジットカードは自分の生活リズムで選ぶ》

自分がお金を使うタイミングを考えてみましょう。自分がよくお金を使うタイミングはどこか、ショッピングするのは主にどのお店が多いのか。
それによって使うべきカードも変わってきます。せっかく自分の力で選びぬくカード、優秀なカードを選んで使いたいものです。カード利用で明るい未来なら望むところですが、お先真っ暗な未来は避けておきたいものです。


《カード利用で貯まるのは何?》

通常のクレジットカードならその利用額に応じてポイントが貯まっていきます。このポイント還元率、通常年会費の高い豪華なカードほど高く設定されていることが多いですが、最近は年会費無料のカードでも多くのポイントがカードに貯まっていくカードも珍しくありません。
そのポイントを使って後のショッピングで役立てることもできるでしょうし、ポイントを他のポイントやマイルに換えてそれを利用することもできるでしょう。
そのポイントの問題もカードを選ぶ際の重要な観点です。

クレジットカードの利用を管理しておく

すっかりクレジットカードでの決済に慣れてしまったあなた。
利用をこつこつと積み重ねてきたので、会社から電話があり、限度額を引き上げる連絡が届きました。これでもっとたくさんのショッピングを行うことが可能になったと喜ぶあなた。
これを機に前から欲しかったけどけっこう高額なので買うのを躊躇っていたあれを購入することを決めちゃったりして…。
財布の中にあんまりお金が入っていない時でも問題なくショッピングを行うことができる魔法のカード。
これさえあれば一円もお金を持っていない状態でも問題なく生活を営むことができる…。そんなことを考えてしまいます。


《クレジットカードの決済で調子に乗りすぎない》

便利さあまり、気を抜くとどんどんショッピングを続けてしまう…。
そんな危険と隣り合わせのクレジットカード決済。でもここでおすすめしたいのは、しっかりとした管理のもと行う支払いです。ついつい気を抜いているとカードに頼って支払いを行ってしまう…。
気がついたら限度額いっぱいで、次の収入はほとんどがカード利用額の支払いに消えてしまうことになる。そんなことを考えていると気が滅入ってしまいますよね。
あくまで月にカードをつかっていいのは○○円まで。そんな規定を自分の中で定めておくことをおすすめします。


《カードで身を滅ぼす人たち》

クレジットカードの使いすぎで自身の状況が悪くなってしまう人は確かに存在します。
何もドラマや映画だけの話ではありません。どんどん身を落とすかのような使い方をしてはいけません。
確かに便利だけど利用シチュエーションを限定しておくことが大切かもしれませんよね。常に使って良いわけがありません。ここは使う。ここは使わない。そういった考え方でクレカライフを送っていきましょう、
お金の問題は根が深い。簡単に解決できない問題に発展する前に根本で押さえておくことが大切です。問題が発生してからでは遅いのです。あらかじめ問題を予防しておいて、できるだけ平穏な生活を送ることを最善なものにしていきましょう。

クレジットカードとはなんぞや?

クレジットカードとはなんぞや。
そう人から聞かれてしっかりと答えることができるでしょうか。
ただでショッピングができる魔法のカードではありません。確かにカードを使えばお得にショッピングすることは可能。
クレジットカードについてもう一度考えてみる必要がありそうです。カードで決済を行うことをおすすめしていますが、それはどうしてなのか。
もう一度クレジットカードのメリットについて考えを凝らしてみて、ついついカードでの決済をしたくなるような、そんな気分が沸き起こることを予言します。


《クレジットカードで嬉しいのはやっぱりポイント》

カードで決済を行うとその支払い金額に応じてポイントがどんどん貯まっていくでしょう。
そのポイントで後のショッピングでの割引を受けることも可能な場合もありますしポイントと商品を交換することだって可能。
別のポイントに移行することもできたり、マイルにその姿が変わるポイントもありますし、ポイントが貯まるかわりに直接キャッシュバックを受けることができるものもあります。
そのポイントこそクレジットカードがクレジットカードである証。このポイントがカードをカードであると述べています。


《カードはキャッシングも可能》

カードにもよりますが、キャッシング機能がついているカードを使うと、そのカードを用いてお金を借り入れることができます。
キャッシング可能額はカードによって異なりますから、お金を借り入れることをすでに念頭に置いているならキャッシング可能額の設定幅が広いカードを使いましょう。